涼みのしつらえ、清澄日和

投稿日: カテゴリー: 日記

お弟子さん二人と、三蛙会主宰の「涼み(スズミ)」に参加のため清澄集合。

まずは二人をヨーガンレール本社に招いて、「ババグーリ」店内を堪能した。
丁度開催中の「李 英才(リー・ヨンツェ)のうつわ」展、シンプルで力のある形、高麗青磁のような色合い、幾重にも輝く亀甲貫入に見入ってしまった。
広い店内に展示される世界のシンプルな生活道具、ヨーガンレールの作る服のポリシーが、隅々まで表現されている。一度居心地良しで有名な社員食堂にも伺ってみたいゾ!

そして、清澄公園内をそぞろ歩き。女性3名の小旅行のようで、風も無く気持ちのいい日和にマッタリ。
天高く流れる鱗雲と、池の水面のさざ波の様は無条件に美しく、自然との一体感に包まれたひと時を過ごした。

今回の催し「涼み」の主旨である、「創造」「癒し」を早くも堪能しつつ、親しい友人達のもてなしを受ける。
三蛙会3人台湾茶人ペルーさん、4人のイメージで選んだ御茶を、書や画でアレンジされた席で味わい、選んだ御茶の命名をして筆でしたため、美味弁当を食し、閉園後のトップリと暮れた池の上の夢の宴を後にした次第です。
その後、ゲートホテル雷門でリフレッシュの祝杯!
この日に招いてくれた三蛙会、ペルーさんに感謝!

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail