「未来を生きる君たちへ」at 下高井戸シネマ

投稿日: カテゴリー: 日記

原題「復讐」だったら見なかったかも、タイトル、ネーミングは大切です。

やったらやり返す行動から戦争が生まれ、市民が巻き込まれて難民が増え、子供達が死んでいく。
町の子供達も学校や家庭の中の軋轢で壊れていく。

傷つく大人と子供達の内面を語りつつ、世界の矛盾も描き出している。丁寧に本質を映し出そうとする姿勢が気持ちのいい作品。

アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の最優秀外国語映画賞ゲットも納得の一品。

お薦めです!12/2まで。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail