和の菓子「いろは」のこと

投稿日: カテゴリー: 日記

世田谷の稽古場を始めてから、和菓子を担当してくれていた、「いろは」の宇佐美さん。

毎月千葉から和菓子を持って稽古場に通っていた彼女が、その後ユニットで和菓子教室を立ち上げ、100名参加を目指して邁進中! しばらく御無沙汰していたいろはの和菓子。

今月は伝説の猪子餅を、お弟子さん達と堪能している。

国産の材料のみを使用して、五穀(オレンジピール、杏子、黒ゴマ、胡桃、松の実)を入れ込んだ、絶品美味な和菓子! 現存する猪子餅のベストワンでしょう!

口に入れた途端に、美味しい顔に変化するお弟子さん達を見るのは、楽しい瞬間だ。

美味しいモノは、人を幸せにする。
私が命名した思い出の和菓子「秋さび」、繊細な吹寄せのビジュアルを見ると、稽古場を開けた時の気持ちが蘇ります。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail