道開く九州の旅

Posted on Posted in 日記

IMG_5572数年ぶりに連休の旅で出た。
いつも納戸の道具整理か、自宅の整理整頓に追われる休暇。
社中の茶会も終わったので、知人の墓前参りがてらの旅だった。
東宮駅からタクシー運転手の方のアテンドで、宗像族の古墳群を見渡せる丘に立つ事になり、何やらメッセージをキャッチした気分。
九州最大の売り上げを誇る道の駅内、おふくろ食堂。北斗の水くみ海浜公園。
そしてやっと宗像大社へ、奥の社殿の無い古代形式の高宮斎場に、一番の気配を感じて博多に戻る。衝撃のスタートとなった次第。
以降、友人家族との由布院ドライブで訪ねた、金鱗湖畔の神社での野点も印象深く、御家族との充実した一日。
茶友アテンドの高取焼味楽窯や山居窯の佇まい。雷山の千手観音からの、唐津城と赤い満月の景色が記憶に残りました。
折しも陶器市開催の唐津市内、のんびりと唐津城天守閣からの絶景にも時を忘れました。
中里花子さんや土屋由紀子さんら素敵な陶芸家達と出会い、旧高取邸周辺の散策も旅のご褒美。雨模様で向かった佐賀も、いきなり情深い御夫婦経営の焼肉屋がヒットで、なんと重い名物羊羹までいただく羽目に。
佐賀城本丸歴史館も見応えあり、各所で祈った唐津神社、佐嘉神社の在り様も清々しく素敵でした。九州人の心意気にドップリ同調して帰京。
と何から何まで良い出会いと感動の旅だったのでございます~。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail